ロゴ
HOME>Utility>早期発見すれば怖くない!脳腫瘍はすぐに切除して再発を防ごう

早期発見すれば怖くない!脳腫瘍はすぐに切除して再発を防ごう

医師

がん専門クリニック「池袋クリニック」が注目されている理由

池袋クリニックでは患者への負担とそれぞれの症状に合った治療を行っていきます。一般的にがんの治療は手術と放射線そして薬物療法といった標準治療を行っていきますが、池袋クリニックでは、免疫療法も併用して行っていきます。
患者さんひとりひとりに合った治療法を行い、根治を目指すだけでなく、生活の質を高めることを目指す治療も行っていきます。

カウンセリング

NK細胞療法とは

NK細胞(ナチュラルキラー細胞)は、がん細胞に効果的に攻撃していきます。がんの治療への安全性と有効性を高める治療法として注目されるようになり、これまであった標準治療と違った新たな治療法として注目されるようになりました。
NK細胞療法は、一部軽度の発熱が発生するケースもありますが、基本的には副作用がなく治療を行うことができ、がん細胞を殺傷する働きがあります。

早めに受診した方が良い病気4選

医療

早めの受診で再発の確率が下がる脳腫瘍

脳腫瘍は大きくなると脳が圧迫されはじめ、頭痛や嘔吐、うっ血乳頭があります。早朝の頭痛が徐々に痛みが増したり強くなったり、嘔吐してからしばらく症状が楽になった症状があるときには早めに受診しましょう。4段階のグレードにわかれ、グレード1では手術で取り除ければ再発の確率がぐんと下がります。グレードが上がるごとに悪性度が増してきます。

がんは早期発見で改善の期待ができる

日本人の死因第一位のがんは、患者は増加しています。時間が経つほどがんの増殖スピードは早くなり、自覚症状も現れてきます。がんになったら治らないのではという不安に襲われますが、早期発見で治療を行うと高い確率で改善が期待できる病気です。

早めの治療スタートが重要な2型糖尿病

糖尿病には、脾臓の細胞異常が原因でインスリンが作れなくなる1型と、インスリンの分泌が少なくなったり、働きが悪く起きたりする2型があります。2型糖尿病は、遺伝的な体質だけでなく肥満や運動不足などから生活習慣病ともいわれています。早期に治療をはじめると食事や運動で血糖をコンロールしていけますが、治療が遅れると内服薬や注射を使った治療が必要となります。

生活の質を低下させる下肢静脈瘤

足の血管にこぶのような膨らみができる下肢静脈瘤は、良性の病気なので急に悪化することも命の危険が伴うこともありませんが、足のだるさとむくみなどが気になります。慢性的な症状から生活の質を低下させるため早めの受診がおすすめです。